共同生活つくしの家

共同生活つくしの家
共同生活つくしの家

共同生活つくしの家 設立のあらまし

育成会(知的障害のある子を持つ親の会)にとって最大の関心事は「親亡き後」の生活の場の確保と見守り・支援です。
その為に、育成会は社会福祉法人と一体となって、「親亡き後」は親ある内にと建設に取り組んできました。
その念願の「もみじホーム」が平成24年3月完成しました。

法人施設「つくし学園」(多機能型事業所)に隣接した国道34号線沿いの市街地の一角にあります。
建設に当たり、諫早市当局を初め多くの育成会会員の物心両面にわたるご支援・ご協力を賜りました。
既存の5ヶ所のグループホーム、ケアホームに加え、自立への第一歩として宿泊訓練機能を備えた新しい形態のホームであり、本部機能をもつケアホームです。
親ばなれ、子ばなれを促進しながら、当該施設で社会性を身につけ自立した地域生活に繋げていくことを目的としています。
従って、終の棲家(ついのすみか)との位置付けではありません。

建設へ向けて、障害のある子を持つ沢山の親の思いが込められています。
その役割を十分理解し、皆で有意義に、公平に利用することが大切です。
一日も早い自立のため、世話人、職員が一生懸命に見守り・支援します。


ホームの写真(もみじホーム)

共同生活つくしの家
外観
共同生活つくしの家
玄関
共同生活つくしの家
食堂
共同生活つくしの家
居室
共同生活つくしの家
廊下
共同生活つくしの家
厨房
共同生活つくしの家
浴室
共同生活つくしの家
洗面所

もみじホームの概要

所在地 〒854-0062 諫早市小船越町554-7
電話番号 0957-21-5500
敷地面積 1,138㎡
建物面積 262㎡ 軽量鉄骨平屋建て
設備 個室×10室(内1室は宿泊訓練用)各室冷暖房設備アリ、事務室、食堂、台所、洗面所、浴室(男女別)、トイレ(男女別)
定員 グループホーム対象者 27名(共同生活援助)
空室 1室(男・女利用可)
ご相談窓口 管理者兼サービス管理責任者:小島 一彦
サービス管理責任者
坂本 愛子
支援スタッフ 管理者、主任、サービス管理責任者、生活支援員(男3名、女2名)、他ナイト支援員、世話人数名
食事提供 朝:世話人提供
夕:外部委託 = 育成会会員が自営

行事やイベント

共同生活つくしの家
集合写真
共同生活つくしの家
クリスマス会
共同生活つくしの家
育成会運動会
共同生活つくしの家
花火大会
共同生活つくしの家
避難訓練
共同生活つくしの家
避難訓練

施設の紹介

共同生活つくしの家

所在地

〒854-0062 諫早市小船越町554-7

電話/FAX

0957-21-5500

事業

共同生活援助事業(介護サービス包括型)

ホームもみじ

共同生活つくしの家統括機能

所在地

〒854-0062 長崎県諫早小船越町554番地7

電話番号

0957-21-5500

定員

10名

ホームスイートピー

所在地

〒854-0062 長崎県諫早市小船越町

定員

5名

ホームつくし

所在地

〒854-0062 長崎県諫早小船越町

定員

3名

ホームマーガレット

所在地

〒854-0062 長崎県諫早市小船越町

定員

3名

ホームオリーブ

所在地

〒854-0062 長崎県諫早市小船越町

定員

3名

ホームビオラ

所在地

〒854-0062 長崎県諫早市小船越町

定員

3名

共同生活つくしの家 見守りシステム(本務機能)

ホームもみじに本部機能を持たせたシステムを導入。
もみじ、つくしホームに常時ナイト支援員を配置し、各ホームからの連絡に対して巡回をする体制を整えています。

※平成29年4月よりもみじホームはモニター付カメラ、センサーライト、防犯フィルムを。
その他ホームはモニター付インターホンを導入しています。

共同生活つくしの家 見守りシステム(本務機能)
関連資料

事業所のご案内

事業所のご案内

コンテンツ

コンテンツ
お問い合わせ